消費者金融比較

初歩の金融

金融通つまり資金の融通の仕方には、直接金融と間接金融の2通りがあります。いずれの融通の仕方においても、実際に資金の貸借に関する取引が行われるのは金融市場である。以下では、資金余剰主体(資金運用主体)と資金不足主体(資金調達主体)を結ぶ金融市場について説明します。

 

金融市場とは、企業、家計(故人)は言うに及ばず、銀行などの金融(仲介)機関や発券銀行である中央銀行{通貨当局・政策当局}などが金融取引を行う市場を示す。この金融市場は、いろいろな面から区分することができる。一般的には、市場の取引対象となる金融資産・金融負債ごとに市場が存在するが、これとは別に市場の性格によって分類・整理することもできる。

 

一般的には、市場の取引対象となる金融資産・金融負債ごとに市場が存在するが、これとは別に市場の性格によって分類・整理することもできる。例えば取引される市場が市場型かそれとも相対型かである。また、取引される金融資産・金融負債の満期期間の長さが短期かそれとも長期かによってもそれぞれ分類することができる。

狭義の金融市場

通常、金融市場を分類する場合、後者の金融資産・金融負債の満期期間の長さによって行われることが多い。なお、狭義の金融市場という場合には、短期金融市場やオープン市場に短期貸出市場や短期預金市場を除くのが一般的である。