ネットショッピング

ネットショッピング

便利なネットショッピングで安全に買い物をするための目安となっているのが、SSLと呼ばれるシステムです。SSLはネットワークを介したコンピュータ同士の通信を安全にやりとりするための技術で、公開鍵暗号システムと呼ばれる方式が用いられます。これは対となる2つの鍵を用いることで、やり取りする情報の暗号化を行う暗号方式です。

 

このSSLで守られたサイトを利用していれば、 個人情報の盗聴や改ざん、「なりすまし」といった被害に遭遇することはありません。クレジットカード番号や暗証番号をホームページ上に入力しても、そのサイトがSSLに対応していれば、暗号化されて送信され、途中で盗まれても解読には非常に長い時間がかかります。

 

インターネットのホームページを閲覧するブラウザにはSSLの機能が標準的に装備されているので、SSL対応サイトでショッピングをする場合にも特別な準備は必要ありません。ピザ・インターナショナルなどの国際ブランドでは、インターネット上でカード決済サービスを提供するサイトにはSSLの採用を義務づけています。

クレジットカード決済

ネットショッピングでカード決済を行う場合、カード番号と有効期限を入力するだけで購入と支払いができるというサイトで占められています。しかしこの方式では何者かが他人のカード番号と有効期限さえ把握すれば、カードを盗んだりしなくとも、他人になりすましてショッピングサイトにアクセスし、カードで買い物をすることが可能です。

 

また、このサイトからカード発行会社に請求が来たときにも、購入したのが本当にあなたなのかどうかを確かめることが出来ません。こうした問題への解決策として、ビザ ・インターナショナルは、ネットショッピングはネットショッピングでの本人確認を確実に行う「VISA認証サービス」を開発しています。

 

これはインターネット決済のセキュリティ・プロトコル「3Dセキュア」をベスにした技術で、インターネットショッピングの際にカード で決済するとき、往来のカード番号と有効期限のみ入力していたのに加え、パスワードを入力することでカード発行会社が直接カード会員の本人認証を行えるというものです。パスワードの入力には、カード番号の入力画面とは別の画面を利用するため、取引相手にはパスワードが見えない仕組みとなっています。

SETセキュリティ

国際ブランドやカード発行会社は、インターネット上のセキュリティ・システムとして、当初セキュリティ向上のため にSETというシステムの導入を図りました。しかし、SETは使い勝手が非常に悪かったために普及せず、各社はSSLによる安全対策を メインにしてきました。

 

その後、往来のシステムよりもプロテクト性が高く、SETの欠点であった使い勝手の悪さを改善した技術としてビ ザ・インターナショナルによって開発されたのが、3Dセキュアです。さらに、通信販売やネットショッピングでは、セキュリティコードが使用されます。

 

カード裏面のサインパネルの上に最長19ケタの数字が打ってありますが、このうちの下3桁ないし4桁をセキュリティコードと呼称します。欧米のサイトではネットショッピングで決済する際に本人確認のためにこの数字を打ち込むことになっています。ただし、 日本では本格的に実施されていません。