金融

日銀の金融調節

金融政策の主役は金融調節 日本経済が低迷する中で、「景気がなかなか上向かないのは、日銀の金融政策が間違っているからだ」という声をずいぶん耳にしました。しかし、日銀が景気を上向かせるとしても、一体そのような方法で行うのでしょうか。

 

日銀が行う金融政策は、一言でいえば、世の中に出回っているお金の量を調節することです。そのためにはいくつかの手段がありますが、最も重要なのは金融調節といわれるものです。

 

銀行など、金融機会がお金の貸し借りを行っている市場を金融市場といいます。この金融市場でお金を借りにくくなると、銀行は企業などに貸し出すお金を絞るようになり、企業活動が抑えられて景気に勢いがなくなります。

 

物価も下落するかもしれません。逆に、金融市場でお金が借りやすくなっていれば上向くことになります。そのため、日銀は景気に勢いがなくなった場合、この金融市場にお金を供給します。具体的には、銀行が持っている国債や手形などを日銀が購入していきます。

政府の会計

家計に家計簿があるように、政府にもお金の出入りをまとめた会計があります。しかし、政府の会計は一種類だけでなく、いくつかの種類に分かれています。本来なら会計は一つにまとめた方がわかりやすいのですが、政府の範囲が広がりその内容が複雑になると、会計も別にした方が便利だという考え方が、現在のしくみの背景にあります。

 

国のお金の出入りを示す会計としては、一般会計や特別会計、そして政府関係機関の会計があります。これらのうち、予算審議などで最も注目されるのは一般会計です。しかし、それぞれの会計は互いに無関係でなく、複雑に絡み合っています。一般会計の歳出項目が、特別会計の歳出項目として繰り入れられるケースも少なくありません。

 

そうした関係が、日本の財政のしくみを理解しにくくしています。日本の財政構造は、「ブラック・ボックス」になっているといえるかもしれません。自分たちの納めた税金や保険料がどのように使えわれているか、正確に把握している一般国民はおそらく皆無かと思われます。

トップページへ